当サイトは一部提携する企業のPRを含むことがあります。

カババで車の出品はやめとけと言われる理由は3つ!向いている人の特徴は?【他社比較あり】

愛車の買取・下取り

「カババは車が高く売れるって聞いたけど……」

 

「最近よく耳にするカババって、やめた方がいいの?」

 

今回は、こういった悩みを解決します。

 

こんにちは、クルマガです。

 

車の買い替え時期が近づき、どこで車を売ろうか迷っていませんか?

 

車が高く売れると人気のカババですが

 

「カババはやめとけ」

 

そんなつぶやきを目にすると、カババで車を売ることを控えたくなりますよね。

 

「なぜやめた方がいいのだろう……」

 

車の売却で失敗しないために、この記事ではカババはやめとけと言われている理由を解説しています。

まずは無料見積もり&WEB申し込みから!

カババの無料お申し込みはコチラ

こんな悩みを解決します!

カババに車を出品するのはやめとけと言われているのはなぜかが気になる!

ぶっちゃけカババって評判が良いのかが気になる

カババで車を出品する際に気をつけるべきことは何かが知りたい!

スポンサーリンク

カババで車を出品するのはやめとけと言われる理由

カババでの車を出品するのはやめとけと言われる理由は3つです。

  • 車が売れるか分からない

  • 出品まで時間がかかる

  • 出品中の情報更新が手間

 

1つずつ、解説していきますね。

車が売れるか分からない

カババは、自動車の個人売買を仲介するフリマサイトです。

 

そのため、買取業者のように車が確実に売れるという保証がありません。

 

カババは、出品してみないと車が売れるか分からないところが、やめとけと言われる1つ目の理由です。

出品まで時間がかかる

カババの出品までの流れは、下記のとおりです。

そのため、メルカリのように車を即日出品することができません。

 

カババは、撮影日の調整が遅れると出品が遅れるところが、やめとけと言われる2つ目の理由です。

出品中の情報更新が面倒

カババは、出品してから売れるまで、車の状態を書き換える作業が必要です。

 

なぜなら、車が売れるまでは普段通りに乗れるからです。

 

あなたも知ってのとおり、車は走ると走行距離が増えます。

 

また、キズが付くことも考えられるでしょう。

 

そのため、出品内容と実際の車の状態に誤差が出ないよう更新しなければなりません。

 

カババは、出品中の作業が面倒なところが、やめとけと言われる最後の理由です。

 

ここまで3つの理由を解説してきました。

 

まとめると、以下がカババで車を出品するのはやめとけと言われる主な理由です。

売れる保証がなく、出品や情報更新に時間がかかる

 

しかし、車が高く売れるというカババの魅力も見逃せません。

 

つぎに、カババが他社よりどれだけ高いかを比較してみましょう。

【比較】カババは他社よりも高値で売却できる

まず、カババは買取店よりも高額で車が売れます。

 

なぜ高額なのか?

 

それは、オークション費用や販売店の利益などの中間マージンをカットしているからです。

カババは、カットした中間マージンを、出品者と購入者の双方に還元して価格を設定しています。

 

さらに、手数料の安さが高値につながっています。

 

つぎに、カババの手数料が相場よりどのくらい安いかを他社と比べてみます。

 

比較するフリマサイトは、メルカリとAncarです。

※この記事では車両の出品価格を合わせて比較しています

カババをメルカリと比較した場合

メルカリはフリマサイトの大手、で2016年から車の取引を開始しました。

 

カババとメルカリの成約手数料を比べてみましょう。

成約手数料

メルカリ

10%

カババ

0円

 

例えば、車が200万円で売れたとします。

 

メルカリの手数料は20万円になり、出品者が受け取れる金額は180万円です。

 

対するカババは無料なので、200万円がそのまま受け取れます。

 

その差額は20万円です。

 

また、メルカリは仲介サービスがないので、購入者と直接やり取りする必要があります。

そのため、詐欺などのトラブルに発展しやすいだけでなく、出品や陸送の手配などの面倒な作業が発生してしまいます。

 

一方カババは、購入者とのやり取りを仲介してくれるだけでなく、陸送の手配もしてくれます。

 

カババは、メルカリより手数料が安く、安心でカンタンな取引ができるということが魅力です。

カババをAncar(アンカー)と比較した場合

Ancarは、車の個人売買を仲介するプラットフォームで、2015年に設立してからは車の個人売買を代行する「おまかせ出品」を展開しています。

 

おまかせ出品は、車を30日間Ancarに預け、出品から入金までを代行するサービスです。

 

しかしメルカリと同様に、成約手数料がカババより高く設定されています。

成約手数料

Ancar

お任せ出品手数料10万円

売却価格が100万円未満:5万円

売却価格が100万円以上:5%

カババ

0円

さらに、Ancarのおまかせ出品は、期間に応じた延長料金やキャンセル料の負担が発生します。

ちなみに、カババは無料で延長・キャンセルができます。

 

カババは、Ancarより手数料が安く、無料で延長やキャンセルができるという魅力があります。

 

なお、カババはガリバーフリマやクリマよりも車が高値で売れます。

 

少しでも長年乗ってきた愛車を高値で売却したいなら、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

自動車フリマのカババを利用するメリットとデメリットは?売却コストを1割までカットする方法も紹介

 

ここまでのカババと他社との比較をまとめると、以下のとおりです。

  • 買取業者より高く売れる

  • 仲介があり、無料で延長・キャンセルができる

  • 成約手数料が一律0円

 

結論から言うと、カババで車を売却することであなたの納得のいく金額を受け取れる可能性が高くなります。

 

カババは、無料であなたの車を売却できます。

 

もし今あなたが車を手放そうと考えているなら、少しでも高値で売却できるカババを試してみてはいかがでしょうか。

まずは無料見積もり&WEB申し込みから!

カババの無料お申し込みはコチラ

カババで車を出品するメリット

カババで車を出品するメリットは、次の4つです。

  • 取引がスムーズ

  • 出品がラク

  • 個人情報が守られる

  • 売れないときの選択肢がある

 

1つ1つ、解説しますね。

取引がスムーズ

繰り返しになりますが、カババは、購入者とのやり取りを仲介してくれます。

 

そのため、安心して個人売買ができます。

 

JPUCによれば、車の個人売買におけるトラブルの事例として、代金が振り込まれない、名義変更がされていないなどがあると報告されています。

※JPUC:一般社団法人 日本自動車購入協会

 

対してカババは、詐欺などの個人売買における不安がなく、スムーズな取引ができるでしょう。

出品がラク

カババは、出品作業を代行してくれます。

 

出品作業は、写真やYouTube動画の撮影のほかにもさまざまな情報をヒアリングして代行します。

  • 車両状態

  • オプション

  • 消耗品の交換情報

  • メーカー保証の有無

 

さらに、プロの鑑定士であるカババスタッフが車をチェックして、出品価格をアドバイスしてくれます。

 

確かに、カババは他社より出品に時間がかかってしまうかもしれません。

 

しかし、納得の価格と詳細な出品情報により買い手が付きやすいことも確かです。

個人情報が守られる

カババは、提携している行政書士が名義変更を代行します。

 

そのため、トラブルを避けられます。

 

先述したJPUCには、名義変更がされておらず、手放したはずの自動車税の納付書が届いたという事例があります。

 

また、カババは見ず知らずの人に個人情報が漏れないので安心です。

 

カババで車を出品することで名義変更を代行してくれるため、面倒な問題を回避できますよ!

売れないときの選択肢がある

カババで車が売れないときの選択肢は、4つです。

  • 出品を続行

  • 出品をキャンセル

  • 買取業者に売却(査定額を30日間保証)

  • 一括査定に切り替える(カババが仲介)

 

逆に、予定より早く車が売れた場合は、オリックスレンタカーを優待価格で利用できるサービスもあります。

 

カババには、車が売れない場合、また予定より早く売れた場合のセーフティーネットがあるので安心です。

 

ここまで、カババのメリットを解説してきました。

 

まとめると、下記のとおりです。

  • 取引がスムーズで安心

  • 車が売れない場合の対応が柔軟

 

カババのメリットがホントかどうか、ぜひ一度確認してみましょう。

まずは無料見積もり&WEB申し込みから!

カババの無料お申し込みはコチラ

カババで車を売却した人の口コミ・評判

カババには、悪い口コミがあれば良い口コミもあるようです。

 

カババを実際に利用したリアルな声を紹介していきましょう。

悪い口コミ・評判

カババを利用者の中には、「買取に切り替えた」または「売却自体をやめた」という人がいるようです。

なかには、一括査定に切り替えたという人もいます。

さらに、車が売れず売却をやめた人もいるようです。

悪い口コミ・評判をまとめると

  • 車が売れない

  • 一括査定の方が確実

  • 売却をやめることも視野に入れる

 

ということが言えます。

 

そのため、車が売れないときのことも考えて出品したほうが安心です。

車が売れないときは、カババの一括査定などに切り替えて早めに売ることをおすすめします。

カババで車が売れないのはホント?高く売るためにやっておきたいコツ5選を紹介

良い口コミ・評判

悪い口コミとは裏腹に、カババを利用した人の中には、「すぐに売れた」または「高く売れた」という人もいるようです。

なかには、買取業者より大幅に高く売れた人もいます。

https://twitter.com/furufuru12/status/1671342453365047296?t=TlO7cYY2Gz5JkUkFk2yLNA&s=19

対応が丁寧という声もありました。

良い口コミ・評判をまとめると

  • 出品して間もなく車が売れる

  • 買取業者より高く売れる

  • 対応が良い

 

ということが言えます。

 

そのため

 

「カババはやめとけ」

 

という訳でもなさそうですね。

 

ただ、車が売れないという心配があるのも事実です。

 

やはり、車が売れなかったときに備えながら利用するのが得策でしょう。

カババで車を出品する際の注意点

カババで車を出品する際の注意点は、3つです。

  • 自動車税が発生する

  • キズを隠せない

  • 掃除は出品者がする

自動車税が発生する

自動車税は、毎年4月1日現在の所有者に課せられる税金です。

 

そのため、名義変更した日が4月1日をまたいだ場合、自動車税の支払い義務が発生してしまいます。

 

余計な出費を削るためにも、売却時期を見定める必要があることに注意しましょう。

キズを隠せない

車のキズを隠して、1円でも高く売りたいと思うのはあなただけではありません。

 

しかし、相手はプロの査定士です。

 

そのため、クルマのキズを隠すことはできません。

 

自分で撮影・出品するメルカリなどであれば、車のキズを隠した上で価格を盛れるでしょう。

 

しかし、納車後のクレームに発展しやすいと言えます。

 

カババは、ウソのないクリーンな取引が前提のフリマサイトという点に注意しましょう。

掃除は出品者がする

カババには、愛車を掃除するサービスがありません。

 

なぜなら、フリマサイトだからです。

 

買取業者の場合、車を整備・清掃してから売りに出します。

 

カババは、出品者に掃除や洗車の責任がある点に注意しましょう。

 

また、修復歴を報告せずに車を出品すると10万円の違約金が発生してしまいます。

 

これからカババに車を出品するのであれば、一度下記記事も確認しておくと良いでしょう。

 

納得のいく売却をするために、あらかじめ対策しておくことが大切です。

【自動車フリマ】カババで車を売却する際に注意したい7つの落とし穴を紹介!対策方法は?

カババで車を出品するのに向いている人の特徴

カババが向いている人の特徴は、下記のとおりです。

また、カババは時間に余裕がない人にも向いています。

 

なぜなら、出品作業をカババが代行してくれるからです。

 

買取業者だと、電話対応や査定に時間がかかります。

 

その点カババは、車の取材にかかる1~2時間で出品が終わります。

 

カババは、毎日忙しくて自分で出品する暇がない人にも向いているでしょう。

カババで車を出品する手順

詳しい出品の申し込み手順は下記のとおりです。

  1. カババの「公式サイト」にアクセス

  2. 「Bye!-売りたい」をタップ

  3. 「出品する」をタップ

  4. 情報を入力し「送信内容を確認する」をタップ

  5. 入力した内容に間違いなければ「依頼する」をタップして完了

 

手順4の情報入力は、30秒ほどで終わるのでカンタンですよ。

まずは無料見積もり&WEB申し込みから!

カババの無料お申し込みはコチラ

カババに関するよくある質問

会員登録は必要?

必要です。

 

なお、カババの会員登録は無料です。

車検が近い車は出品できる?

車検満了日まで60日を切った車は出品できません。

名義変更に必要な書類はどこで入手すれば良いの?

郵送されてきた申請用紙の各項目に記入し、必要書類を同封して返送するだけでカババが代行します。

車の引き上げ日や引き渡し日はいつ?

必要書類が揃い、購入者の入金が確認され次第輸送の日程を決めます。

出品してからいつ入金されるの?

納車された車に不具合がないか、購入者が3日間確認します。

 

不具合がなければ3日経過後の営業日に振り込まれます。

まとめ

カババでの車の出品はやめとけと言われる理由は、主に3つです。

  • 車が売れるか分からない
  • 出品まで時間がかかる

  • 出品中の情報更新が手間

しかし、独自の価格設定により他社より多い金額を受け取れます。

 

そのため、もしカババでの売却に失敗したくないのであれば、早めの出品と計画性が成功へのカギとなります。

  • 車を出品する

  • 出品価格の最低ラインを設定する

  • 売れないときは売却方法を変える

 

上記を明確にしたうえで、車が売れなかったときに備えておけば高値で売れるでしょう。

 

カババは、一括査定より安心・カンタン・高価格な車の売り方です。

 

まずはあなたの愛車がどれくらいの価格で売却できるのか、査定してみましょう!

まずは無料見積もり&WEB申し込みから!

カババの無料お申し込みはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました