EV・PHEV・ガソリン車の違いとは?メリット・デメリットを徹底解説

車の故障と不具合

こんにちは、クルマガです。

 

近年では、環境保全の観点から二酸化炭素の排出が問題視されており、自動車業界はガソリン車から電気自動車への転換期とも言われています。

 

各メーカーは電気自動車の開発に力をいれているため、これから電気自動車の時代が来ることはほぼ確実と言っていいでしょう。

 

ところで、あなたはこのような疑問を持ったことはありませんか?

 

「電気自動車はガソリン車と比べて何が違うの?」

 

「プラグインハイブリッド車と電気自動車は何が違うの?」

 

今回は、EV・PHEV・ガソリン車を比較し、それぞれの違いを徹底解説します。

 

「電気自動車は今までの車との違いがわからない」という人はぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

EV・PHEV・ガソリン車の違いとは

 

EV・PHEV・ガソリン車の違いとはどのようなことがあるでしょうか。

 

EV(電気自動車)のメリット・デメリット

 

EVとはバッテリーに充電された電気でモーターの動力を使用し走行する電気自動車の事です。

 

デパートの駐車場やディーラーで充電スタンドを使用しバッテリーに電気を充電することができます。

 

さらに自宅に充電スタンドを設置することで自宅でもバッテリー充電することが可能になりとても経済的な車です。

 

EVには経済的などのメリットも多くあれば、デメリットもあります。

 

メリット

 

これからの自動車業界は、電気自動車の普及が進んでいく時代です。

 

電気自動車のメリットは3つで、結論からお話すると経済的・環境に優しい・加速がスムーズであるということです。

 

 

・経済的

 

1つ目のメリットとして経済的と言えます。

 

電気自動車を満充電にするためには、800円〜1,200円かかるという試算がでています。

 

ガソリン車を満タンにすると4,000円は超えてくることからかなり経済的です。

 

さらに、自宅に充電スタンドを接地することで深夜料金の時間帯に充電するなど工夫することでさらにコストを抑えることも可能です。

 

なので、電気自動車は経済的と言えます。

 

 

・環境に優しい

2つ目のメリットは環境に優しいことです。

 

電気自動車はバッテリーに蓄えられた電気でモーターを動力としているためガソリンを使用しません。

 

そのためエンジンを搭載しておらず、バッテリーとモーターのみで走行します。

 

エンジンを搭載しておらずガソリンを使用しないという事は、走行中に排気ガスが出ないため二酸化炭素が排出される事がありません。

 

なので、電気自動車は環境に優しい車と言えます。

 

 

・加速がスムーズ

 

3つ目のメリットは電気自動車は加速がスムーズで気持ちよく走行できます。

 

モーターを動力としており、エンジンがないため振動などを感じることがありません。

 

さらにモーターは走りはじめた瞬間から最大のパワーを発揮することが出来るため、加速がスムーズでストレスなく走行することが可能です。

 

デメリット

 

一方で、電気自動車のデメリットは下記の通りです。

 

 

・充電に時間がかかる

1つ目のデメリットは充電に時間がかかる事です。

 

ガソリン車は満タンにするまでに5分もあればどの車も満タンにすることができます。

 

一方で電気自動車は満充電にするためには、数十分~数時間かかることがありガソリン車と比べると満充電までの時間が長いです。

 

充電を忘れてしまった時にはすぐに走行することができません。

 

 

・充電スタンドが少ない

 

2つ目のデメリットは充電スタンドが少ないことです。

 

充電スタンドはショッピングモールの駐車場や高速道路のサービスエリア、ディーラーに併設されています。

 

しかしそこ以外の場所で充電スタンドがある施設は少なく、充電スタンドの数が少ないです。

 

そのため特殊な工事を行い自宅に充電スタンドを設置することは必須と言えます。

 

 

・車両購入コストが高い

 

3つ目のデメリットは車両購入コストが高いことです。

 

新車で購入する場合はガソリン車と比べると電気自動車の方が金額が高くなります。

 

税金の優遇はありますが、最初のコストが高いので購入を迷われる方も多い事でしょう。

 

PHEV(プラグインハイブリッド車)のメリット・デメリット

 

PHEVとはプラグインハイブリッド車の事で、ハイブリット車のバッテリーを外部から充電することが可能になった車両です。

 

従来のハイブリッド車同様エンジンを搭載しているため、電気とガソリンを使用します。

 

ハイブリッド車は、エンジンが動いたり回生ブレーキという仕組みでハイブリット車のバッテリーを充電しています。

 

その仕組みは変わらず、充電スタンドを使用しエンジンやブレーキ以外の外部からの充電が可能になった車両がプラグインハイブリッド車です。

 

そのため自宅に充電スタンドを設置すると自宅でもハイブリッドバッテリーの充電が可能になります。

 

メリット

 

PHEVは従来のハイブリッド車とほぼ変わりません。

 

大きく変わる点としてハイブリッドバッテリーに外部から充電が出来るという事です。

 

 

・燃費が良い

 

PHEVはエンジンとモーター両方を使用しているため燃費が格段に良い車両と言えます。

 

特徴として、お互いの苦手な部分をお互いの得意な部分で補い合うことです。

 

たとえば、エンジンは走りはじめが苦手なので多くのガソリンを消費してしまいます。

 

一方でモーターは走りはじめから最大のパワーを発揮する事ができるため、走りはじめをモーターに任せエンジンは稼働させません。

 

ガソリンを多く消費するところではモーターが活躍し、ある程度スピードが出たらエンジンを稼働させ安定した走りを実現させます。

 

お互いの得意なところをうまく嚙合わせることで燃費の向上につなげているのです。

 

 

・電気自動車より長い航続可能距離

 

PHEV車は、エンジンとモーターを使用することで電気自動車より長い走行を可能にしています。

 

PHEVはハイブリッドバッテリーを外部から充電することもでき、さらにエンジンを稼働させ充電することもできるのです。

 

そのためバッテリーを充電しながら走行することができるため電気自動車よりも長い走行距離を可能にしています。

 

 

・電気自動車より充電速度が速い

 

PHEVは充電速度も電気自動車よりも早いです。

 

電気自動車の約半分の時間でハイブリッドバッテリー充電が完了します。

 

デメリット

 

PHEVのデメリットはひとつで車両価格が高額なところです。

 

 

・車両価格が高額

 

PHEVはガソリン車やハイブリッド車と比べても購入価格が高額です。

 

そのため走行距離があまり伸びない人は、PHEVの恩恵を受けにくくなります。

 

たとえば、年間走行距離を多く走る人はそれだけ多くのガソリンを使用するのでPHEVにすることでガソリン代を大幅に下げることができるでしょう。

 

一方で年間走行距離をあまり走らない人はもともとガソリン代が多くかかっているわけではないので、年間のガソリン代にそこまでの差額は出ない事がわかります。

 

そのため車両価格が高額なので、車両代金をガソリン代の差額で埋められるかを検討する事が重要です。

 

ガソリン車のメリット・デメリット

 

ガソリン車は従来から普及している車で、ガソリンを燃料としてエンジンを稼働させ車を走行させています。

 

メリット

 

普段何気なく使用しているガソリン車ですが、メリットが2つあります。

 

 

・ガソリンの給油時間が短い

 

車によって入る数量は変わりますが、数量がたくさん入る車両でも5分以内で満タンにできるのでガソリンの給油時間が短いのがメリットです。

 

そのため急ぎでガソリンを給油したい場合でもすぐに給油することができるので、時間的融通がききやすいです。

 

 

・ガソリンスタンドが多くある

 

ガソリンを入れるためのガソリンスタンドが全国で15,000店舗以上あるということです。

 

出張や旅行などで知らない土地に行ってもガソリンスタンドはすぐに見つけることができるので、ガス欠の心配もありません。

 

デメリット

 

ガソリン車のデメリットは燃料コスト面です。

 

 

・ガソリン代が世界情勢によって変わる

 

ガソリン代は原油価格や為替によって大きく変動します。

 

そのため原油高や円安の場合にはガソリン価格も高騰し、ガソリン代が安定しません。

 

毎月定額ではないので、予想以上の出費となることもある事からガソリン代が変動することがデメリットです。

 

まとめ

 

EV・PHEV・ガソリン車の違いをメリットデメリットを含め詳しく紹介しました。

 

電気自動車は充電料金などのランニングコストは安いものの、充電スタンドが少なかったりとデメリットもまだまだあります。

 

PHEV車は航続可能距離はかなり長く、比較的ランニングコストは安いです。

 

一方で車両購入金額が高額になるので使用状況やランニングコストのバランスを見る必要があります。

 

ガソリン車はガソリンをすぐ給油できるという利便性の面で優れていますが、デメリットはガソリン代が安定しないことです。

 

今後の車の流れは、今よりも環境に優しい車に傾いてきます。

 

環境性能に優れた車の特徴や違いを把握し楽しいカーライフにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました